爪水虫は立派な皮膚疾患です|医療機関を受診しよう

足の痒みに悩んでいるなら

病院の受付

水虫の痒みが我慢できないと悩んでいる場合には市販薬で誤魔化すのではなく、お医者様の診察を受けて効果の高い薬を処方してもらうことが大事です。診察を受けるには皮膚科が適していますので、近所にある医療機関を探しましょう。

More Detail

足の痒みや痛みがある時は

足

痛みや痒みが辛い水虫は厄介な皮膚病です。そんな水虫になってしまったのならば、早めに皮膚科で治療を受けてみることをオススメします。保険適用で本格的な薬を利用することができるため、お手頃な価格で素早く治療することができて便利です。

More Detail

皮膚科における診断と治療

病室

いちばんよく知られている水虫は、足の皮膚に水泡ができるタイプです。水泡ができはじめると、皮膚に痒みが生じます。そのため水虫に罹患すると、比較的初期の段階から視覚と痒みの両方で発症していることに気付きます。これに対して爪水虫は、このような変化が乏しいので、初期の段階で気付きにくいことが特徴です。しかし爪水虫であっても、初期の段階から変化が生じています。とくに爪水虫に罹患すると、爪の色が白や黒などに変色し始めます。ただし爪の色が白や黒などに変化しても、爪水虫であるとは限りません。その点で人気が高いのが、皮膚科に受診することです。皮膚科であれば、顕微鏡検査を行って、的確に診断を行うことが可能です。したがって爪の色が変化し始めたら、皮膚科に受診することが大切です。

こうした爪水虫の治療法として、一般的に飲み薬を使用します。これに対して先述のような皮膚に発症する水虫は、塗り薬を使用してよく治療が行われています。このように同じ水虫でも治療法が異なるのは、爪が塗り薬を吸収し難い性質を持っているからです。しかし飲み薬であれば、的確に薬の作用が働くために、効果的な治療が可能です。また水虫に効果のある薬は、市販薬がドラッグストアなどでも販売されています。ところがドラッグストアなどで販売されている市販薬は、塗り薬が中心で飲み薬は販売されていません。すなわち爪水虫に有効な飲み薬は、医療機関でしか処方されていないのです。したがって爪水虫は、治療においても皮膚科に受診することが大切です。

肌トラブルの治療例

病院内

皮膚科は何もアレルギーやアトピーなどの症状を専門的に診るところではありません。城東区にはニキビなどの肌トラブルの治療を得意としている皮膚科もあります。こうした皮膚科であれば、素人が変にスキンケアを行うよりもよっぽど経済的で賢い治療が可能になるのです。

More Detail